FC2ブログ

【都立大駅前】アミューズメントフィールドAXのちょっと面白い(?)ブログ

当店は2018年11月4日に閉店致しました。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

Vol.2 音ゲー録画(キャプチャー)サービスの裏側 編 

今回のテーマは・・・


音ゲーの録画(キャプチャー)ってどうやっているの?


今回は現在ⅡDXで行なっている(2015年11月現在)録画サービスの裏側を公開させて頂こうと思います。
僕が独学で行っているものなので、ややイレギュラーだったり、正確では無い所もあるとは思いますが、予めご了承ください。

まずはマシン裏。
ⅡDXを動かしている機械の裏面に「DVI」と呼ばれる出力口があります。

DVI口


画面上側の出力口はそのまま皆さんがプレイ時に見ているモニターへと繋がっているので
通常使っていない、もうひとつのDVI出力を使う事になります。

この
「もうひとつのDVI出力」
というのがまたクセモノでして、
他のアーケードゲームにもついていることは多いのですが、
「ただ付いているだけ」
で、実際に映像信号を出力しているタイプは少ないようです。
その場合は、通常、モニターに使っている方の出力口から映像信号を分岐させて…という手間が必要なのですが、それはまた別の機会があれば。
幸い、ⅡDXの筐体はこの「もうひとつのDVI出力」が使用できるので、ここから映像を貰う事になります。


まずここに、DVI→HDMIへと変換するケーブルを接続します。
一部の家庭用ゲーム機であれば、ゲーム機やモニターからHDMIケーブルを録画機に挿して完了、となるのですが、そうは問屋が卸しません(笑)
ⅡDXの場合、元がDVIという「映像信号だけ」である為、ここには「音声」が含まれていないのです。
なので、ここからもう一工程が必要になります。

それがこれ↓

変換機 (500x500)


この機械でHDMI→コンポーネントというまた別の形式に変換します。


そしてさらにこれを・・・

1448188220985 (281x500)



↑以上のようにⅡDXから分岐させていた赤白の音声ケーブルと合流させ、


1448188244678 (281x500)



↑録画機に接続する事で、録画が可能となります。


もしまだ、御利用になったことが無い、という方は是非アクスで試してみてください
家庭用ゲーム機のように映像と音声がHDMIで一括されていれば楽なのですが・・・諸々の事情でそうもいかないようです


…と、ここでブログを読んで頂いた方にマル得(?)情報!
なんと、この録画機、実況も出来ちゃうんです!!(…あれ? 需要無いですか?)

インカム (500x500)



↑こういうマイクイヤホンを用意して頂き・・・


録画機




↑録画中に、ここにプラグを挿すだけ!





なんとコレだけでプレイ実況動画が撮れちゃいます!
あとは、USBに録画された動画をニコニコやYou Tubeにアップするだけでアナタもゲーム実況者デビュー!!


「ゲーム実況ってどうやるの?」という方はここで練習してみるのもいいかもしれません。
この機会に、是非お試しください!!


では、今回はこのあたりで!

スポンサーサイト



カテゴリ: 【アクス舞台裏 ~ばっくすてえじ~】

[edit]

Posted on 2015/11/22 Sun. 19:37    TB: 0    CM: 0

♯2【Doの格闘ゲーム事情の今昔】伝説の格闘ゲームストリートファイターⅡ 

こんにちはスタッフDoです。

前回、『ストリートファイター』のお話でした。

って事は、そうです!伝説の格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ(以後SFⅡ)』の登場です。

スト2 タイトル

学生だったDoは当時の友人から 「コレ面白いからやってみなよ!」

この一言で始めました。ネット文化が無い時代、面白い、面白くないは自分で体験して決める時代でした。

もちろん、つまらないゲームも沢山ありましたし、見た目つまらなそうでも面白かったゲームもあります。

でも、『SFⅡ』は面白かったのです。

いま、考えると何が面白かったかの基準が現在と圧倒的に違いますが、あえて言うなら

①知識がないからシンプルに感じた

適当にボタンを押しても通常技は出る事

早い話、必殺技が打てなくても楽しめたのです。

どうしても必殺技を打ちたい人用なのか?必殺技はボタン連打のキャラもあったしね
チュンリー
(例として春麗の百烈キック Kボタン連打)

②音

各キャラクターステージごとに音楽がかわる。

多分、各キャラクターにテーマ曲がついたのは元祖だとおもいます。

強攻撃の痛そうな音  ドゴ! 

必殺技の発声(SE)ハドー ハドー ハドケン

③プレイヤーレベル

当時のプレイヤー大半は必殺技が出だせないレベル

レバー捌きが悪い意味で横並びに近い

レバガチャにボタン適当のスタイルでよかったのです。

次回はSFⅡ Doのメインキャラ決定への道

ってところで今回はお開き!

カテゴリ: 【Doの格闘ゲーム事情の今昔】

[edit]

Posted on 2015/11/15 Sun. 14:52    TB: 0    CM: 0

第3回 僕のゲーセン半生(後編)  

そんな訳で、就職活動を始めた僕でしたが、いくらゲーセンが好きとはいえ
何が何でもゲーセンで働く、という意識は正直ありませんでした。ただ、少なくともエンターテインメント関連業界に進みたい、という思いはあったと思います。
しかし、今でこそゲームは日本が世界に誇る産業として市民権を得つつありますが、
僕の世代はまだまだ「ゲーセンは不良の溜まり場」、「ゲームばかりしていると馬鹿になる」、「ゲームは1日1時間」(?)で育った世代。

両親は比較的理解のある方でしたが、少々(?)の後ろめたさもありました。
そんな折、参加した合同企業説明会で、ある会社の理念を目にする機会がありました

「『遊びの開放と余暇文化の再生』…? コレだ!」

何やらピン、ときた僕は、それ以上あまり深く調べないまま、その会社の採用試験を受けることにしたのでした。
そして選考は進み、何回目かの面接にて。

面接官「そういえばJUNさんはふじみ野に住んでいるみたいだけど、ウチの店舗があるのは知ってる?」
僕「はい!(そういえば…会社案内に書いてあったな)」
面接官「アミューズメントフィールドBAYON(バイヨン)っだっけ、いいでしょ、あそこの店?」

僕(な、なんだってーーーーーーーー!!!)

面接官の方の口から出たのは、あのお箸でティッシュをキャッチさせたあの店の名前だったのです
当時、僕は自分の家の近所に、その会社のお店があることまでは知っていたのですが、詳しくは調べてはいなかったのです。
今思うと物凄く、失礼で迂闊でした(汗)
その後、僕は無事(?)にその会社から内定を頂くことになり、最初はパチンコ店だとスルーし、店名すら読めなかったお店で働くことになったのでした。


アミューズメントフィールドBAYON(バイヨン)

bayon.jpg
bayonアクセス

埼玉県ふじみ野市(最寄り駅 東武東上線ふじみ野駅)にあるお店です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りを!
特にメダルゲームが好きな方にはタマラナイお店ですよ!!(宣伝)


それから早10年。
今は無き用賀店に異動になり、一度出戻ってバイヨン店、さらに現在、都立大学店で働くことになり、これまでのことを書くことになるとは、まさか思いもよらず・・・。
いやはや月日が経つのは早いものです。


今後も不定期になるかとは思いますが、このブログは色々なテーマで続けていく予定です。
何卒、よろしくお願いします!

では、今回はこのあたりで!

カテゴリ: 【ゲーセンとワタクシ】

[edit]

Posted on 2015/11/09 Mon. 19:23    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム