FC2ブログ

【都立大駅前】アミューズメントフィールドAXのちょっと面白い(?)ブログ

当店は2018年11月4日に閉店致しました。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

麻雀格闘倶楽部編⑯ 

こんにちは、スタッフDoです。


テーマ
③相手のリーチに対して何を切っていく?(前編)


初級編?第3弾
ここでは、3つ目のテーマについて説明していきましょう。

捨て牌から見える物、感じ取れる事

麻雀はツモや鳴きで牌が増えたらアガルか何か捨てるかの行動を行なわないといけません。
単純に言えば要らないのを捨てて、欲しい牌は残す
相手も基本はココなので
A)序盤の捨て牌!
B)リーチ宣言牌!

他にもドラの切り出しやドラそばなど色々ありますが、上記の2種について話していきましょう。

A)序盤の捨て配
序盤の定義は特に無いですが、2~3巡や手出しの牌と思っていただけると良いと思います。
開幕の字牌整理
字牌は7種ありますが、3枚集めても役にならないのが
最大で3種、最小で2種あります。
では、自分の配牌内で要らない字牌は切る訳ですが、条件が同じなら
W風(東場の東、南場の南)と自風、白、発、中を残す(先に切らない)と思います
※国士無双や混一色などで自牌を切らない場合もありますが
理由は簡単で2枚重ねればポンして役牌として使えるからですよね。
・・・と言うことは、相手がいきなり自分の風牌を切ってきた場合はどのような状況でしょう?

パターン1
相手の手の内が相当良いと考えても良いでしょう。
要注意して局を進行しないとロンって言われるかもしれません。

パターン2
例えば東場の親がいきなり東を切ってきたら、早いか
もしかすると、手の内に白、発、中のどれかが2枚以上で持っているのかもしれませんね。

自牌の切り出し方1つでこの程度の情報は簡単に手に入るのと
相手にも見られていると思ってください。

このような時は親のツモを飛ばす鳴きををして親のスピードを遅くするのがベスト
または、親の現物を数枚持ち振らないデフェンスの有りだと思います。




今回はココまで・・・
色々書いていたら長くなってしまったので次回の後編へ続きます。
攻める、守る全てはバランス!
自分の事だけ考えるより
相手の事を考えると自然と危険な牌とかが解ってきますよ。

スポンサーサイト



カテゴリ: 【スタッフDoの麻雀格闘倶楽部】

[edit]

Posted on 2017/11/27 Mon. 21:15    TB: 0    CM: 0

麻雀格闘倶楽部編 外伝② 

こんにちは、スタッフDoです。

以前書いた麻雀の続きも実は書いているのですが、中々まとまらなかったので
最近あった麻雀ネタ(失敗談?)を書こうと思います。


【壁を信用して打った結果・・・・・】
状況
対面は4をカン
上家は2をポン
1と3は3枚切れ
の状況で下家からリーチ

リーチ後、自分最初のツモが1
ノータイムで捨てたら
ロンw|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

下家の手の中には2・3を持っていました。
ラストのロン牌をつかまされました。
1発や裏ドラや赤ドラが乗って酷い目に遭いました。

こんな事があるけどワンチャンス系の打牌を毎回とめていたら
自分が上がる事が出来なくなってしまいます。
状況次第ですが、自分はワンチャンスなら今後も打ち続けていくと思います。


【欲望のままに高打点を目指した結果】
6順目
1・2・3・6・7・8・白・発・発・発・中・中・中
7順目
2ツモ
・・・・・・・・別に白待ちで良いのに
3切り

そうです。大三元狙い行ってしまったのです。

IMG_2139.jpg

結果は対面にリーチが入り上家が白を出し

対面がロン
IMG_2141.jpg


・・・・白待ちの小三元が正解でしたね。
このあと、後を引きずったのかボロボロになったのは言うまでもありません。


役満チャンスは4人打ちだと中々無いのでいける時は全力で行くスタイルなので
仕方ないと思っていますが、リアルなら小三元かな?と思う自分に悔やまれます。

あなたは、夢を追いますか?
それとも、テンパイはテンパイで納得しますか?

それでは、今回はここまでと致します。

カテゴリ: 【スタッフDoの麻雀格闘倶楽部】

[edit]

Posted on 2017/11/25 Sat. 19:20    TB: 0    CM: 0

第二十三幕 名作の姉妹作!? 

今回のレトロゲーム挑戦は……

『ショックトルーパーズ セカンドスカッド』

tit.gif

ちなみに今回は何の前情報もなく、たまたまとあるゲーセンで見かけたのでやってみました
ジャンルとしては『縦スクロールのアクションシューティング』といった所でしょうか?
有名どころでは『戦場の狼』などが代表的?

hqdefault (1)

ただ厳密には強制スクロールでもなく、横画面移動もある程度自由度があるので『いっき』に近い所も(ちょっと違うか?)

hqdefault_201711251402332bd.jpg

とりあえず、まずはキャラ選択から。

1511575862207.jpg

少し迷いましたが、ここは能力パラメータのバランスが一番良い『トーイ』を選択。

ですがコレがまず失敗でした。

メインショットのレーザーは貫通力もあり、(初プレイのためおそらくですが)威力もまあまあ。
ただし、攻撃範囲が狭い為、押し寄せる敵兵の掃討にはやや不向き。

1511575917171.jpg

ボムに相当する特殊兵器は自分中心の爆発型(レイジングストーム状?)なので、範囲が狭く、初心者にはやや敷居が高く、
早々にゲームオーバーに(泣)

次に選んだのは一見パワー重視型の『レオン』

1511591702996.jpg

こちらはカーソル初期位置に配されているだけのことはあり(メタ)、
メインも特殊もオーソドックスで使いやすい主人公キャラでした。
年齢はなんと42歳(!)
主人公格でこれと同年代といったら…マイク・ハガー(『ファイナル・ファイト』当時で46歳?)くらいでしょうか?

20120508114111.jpg

このレオンはやや移動速度が遅いのが難点ですが、
このゲームではジャンプ中の無敵時間を利用して、弾を避けるのがキモのようで思ったよりも気にならず。
その後のボスも何とか(?)クリアできました

1511575971696.jpg

すみません。それは僕の未熟な腕のせいです。

ただ……このゲーム、面白い!

メインと特殊、ジャンプのシンプル操作で爽快感は高いですし、
結構ヌルヌル動く、敵兵もよく作りこまれていました。
また、戦車などの乗り物の存在もあったりと、

1511575905331.jpg

縦と横の違いはありますが、同じアクションシューティングであるメタルスラッグを彷彿とさせるつくりですね。

後から知ったことですが、このゲームを開発したザウルスはSNKの子会社だったらしく、
当時、既にメタルスラッグ2が出ていましたので、かなり影響を受けているのではないでしょうか?

ともあれ敵の弾幕に四苦八苦しつつ、何とか3面までたどり着きましたが、ここで無念のゲームオーバー

1511576000406.jpg
1511576010256.jpg

ボス戦など弾数が増えてくると画面の処理落ちが発生し、これが弾避けの一助になっていたりなど、
レトロゲームならでは(?)の場面もあり、とても楽しめました。


1511575988681.jpg

(もし、これが手に入ったら、絶対メタルスラッグと同時に稼動させよう……)

ここまでのレトロゲーム挑戦:3勝7敗


このゲームはまた次の機会に是非リベンジしたいですね(笑)

今回はこのあたりで!

カテゴリ: 【JUNのレトロゲーム譚】

[edit]

Posted on 2017/11/25 Sat. 13:35    TB: 0    CM: 0

第二十二幕 アーケード基板よもやま話② 

※例によって、独学で調べたものなので、情報が正確でない場合がございます。予めご了承ください。

前回に引き続き、基板の解説をば。

<トライフォース>

大多数のゲーマーの方はコレ↓を思い浮かべるでしょうが

418108.png

こちらも立派なアーケード基板のひとつです。

C3eZHMuVcAAzor3 (1)

任天堂、セガ、ナムコの三大メーカーが共同開発したことから名付けられ
前回取り上げた、GD ROMドライヴを接続して稼動できます。
内部はNAOMIの中身がドリームキャストだったのに対し、

こちらはゲームキューブと一部互換性がある仕様。
一説によると、ゲームキューブより良い部品、パーツを使用していて
画面の発色などは家庭用より良かったらしい!?

51FJ7462S4L.jpg

代表作:バーチャストライカー2002、マリオカートなど

ちなみにウチにはありませんが、同時期にセガが開発した『Chihiro』
同じくGD ROMを使用し、X-BOXをベースとしていた模様。

ダウンロード


<ST-V>

セガが開発した基板で、MVS同様、マザーにソフトを差して稼動する仕様です。

1500959306007.jpg
1500982736774.jpg


MVSと比べてややデリケート?となのが難点ですが、名作も多く、
セガサターンとの互換基板だったこともあり、アーケードから移植された作品も多かったように思います。

mig_20171118123022f04.jpg


代表作:ぷよぷよSUN、タントアールシリーズ、ダイナマイト刑事など

なんと2017年3月まで修理サポートを行なってくれていました…


<TAITO G-NET>

こちらもマザーにソフトを差すタイプです。

1500959502830.jpg
1500978275109.jpg

ソフトの見た目はニンテンドーDSのようですが、実はプレイステーション(初代)の互換基板です。

83474a96bacde3561fea1fa789c0556b2f9ca7e71411690289.jpg

代表作:式神の城(初代)、おてなみ拝見シリーズなど
プレイステーションの互換基板は多くの種類があり、TAITO製はこのような形ですが、
↓のように、一見、通常のJAMMA基板に見える基板もあります。

<ZNシリーズ>

parape_pope_gugugu-img640x480-15093600845mymwh30667.jpg

イメージとしてはマザー基板の上に、さらに基板型のソフトを差し込むような形でしょうか?
メーカーや機種によって、ソフト入替できるもの、できないものなど様々な形があります。

代表作:テトリスグランドマスター、ストライダー飛龍など

こう見ると、ゲーム機の歴史も同時に垣間見ているようで、なかなか興味深いものがありますね(笑)

・・・という訳で、今回はこのあたりで。
続きはまた次の機会に♪

カテゴリ: 【JUNのレトロゲーム譚】

[edit]

Posted on 2017/11/18 Sat. 13:34    TB: 0    CM: 0

七軒目 竹岡式ラーメンラブル 

こんにちは、スタッフDoです。

ラーメン第7弾
今回ご紹介のお店は
竹岡式ラーメンラブル
東京都世田谷区三軒茶屋2-16-6
10:00~22:00(ノンストップ営業)
定休日 水曜日

ラブルの店長は、過去に【野方ホープ本店】【ラーメン潤】の店長を任されていたほどの腕の持ち主です。
そんな店長がこのラーメンは面白い!っと言ったラーメンが

竹岡式ラーメン
IMG_1977.jpg
聞きなれない、知らない方だと、どんなラーメンなの?ってなりますよね
すごいんです。



1つ目 スープ
普通は野菜だったり骨だったりを寸胴で煮込んでスープを作って
特別な醤油などをスープで割る訳ですが

この竹岡式ラーメン、チャーシューの煮汁をお湯で割ったのがラーメンのスープになっちゃうんです。
もっともチャーシューを作成する際のベースとなる醤油や調味量などが
単なる醤油から出汁の効いた醤油ベースダレに変化する訳ですね。


2つ目 麺
これは、賛否両論かと思いますが、本家のラーメン屋は麺は乾麺を使います。
もちろんラブルさんでも乾麺は用意されていますが
始めて行く方は生麺をオススメします。
このスープが好きだーってなったら
本場の味は・・・・どんなのだろう?と、なってから
乾麺をチャレンジするのが良いと思います。


3つ目 店長
IMG_1979.jpg

遠くで見ていると寡黙な感じがしますが、実はおしゃべりだと思っています。
特に野球はどの球団でも話が行なえる店長なので気さくに(忙しくなければ)話してみても良いかもしれません。



さて、最後に場所ですが一番解りやすい説明だと
三軒茶屋(国道246と世田谷通りが交わる場所)から国道246を駒沢方面に進むと右手に
ピカソがあるのでピカソを右に曲がってズーっと道なりに歩くと左手にセブンイレブンがあります
ここまでくれば、あとチョット!まだ、まっすぐ進むと右手にお店があります。

IMG_1976.jpg



カテゴリ: 【スタッフDoのラーメン食べ歩き】

[edit]

Posted on 2017/11/15 Wed. 18:56    TB: 0    CM: 0

第二十一幕 30代以上の方必見! 今月の新顔! 

今月のレトロゲーム新顔は、時代を感じさせる80s!

『ゼビウス』(1982年)『スーパーバレーボール』(1989年)です!

まずは『ゼビウス』ですが稼動までに一苦労……

汎用筐体に投入するレトロゲームは大きく分けて
横画面(横長。アクション、対戦格闘など)と縦画面(縦長。シューティングゲームなど)があるのですが
同じ縦画面仕様でも、ゲームによって投影されるモニター方向はまちまちで、
ただ接続しただけだと、180度反転して映ってしまう事も。

基板によっては、DIPスイッチやテストモードの設定などで反転させることもできるのですが
『ゼビウス』にはそれがなく、モニターごと反転させる羽目に……orz
スタッフDoさんにも協力頂き、作業途中の様子がコチラ↓

1509784897024.jpg
1509784929902.jpg

今回の筐体はネットシティだったのですが、
結構、アチラコチラを外さなくてはモニターにたどり着けない構造になっています。
もっと手軽に画面を回転できる(らしい)新筐体が羨ましい……。

紆余曲折の末、何とか稼動!

1509784876341.jpg

このゼビウス、私と同い年(!)なのですが、

・隠しキャラ
・ステージボス(的存在)
・背景となるストーリー設定

など、後の時代のシューティングゲームに大きな影響を与えています。
色々探してみると面白いかもしれません!?


2本目は『スーパーバレーボール』です。

1510197919692.jpg

稼動は1989年なので、もうすぐ30年になりますね。
個人的な印象ですが、バレーボールは特にルール改正が著しいスポーツなので
昔を知っている方はより楽しめるかもしれません。

現在は公式競技団体などの協賛により、選手が実名でゲームに登場することは珍しくありませんが、
昔のゲームは少しもじった選手名で登場させる方が多かったように思われます。

本作は1Pプレイの場合、日本チームでしかプレイできないのですが、その時の選手一覧が――
1510197965549.jpg

……どうしてこうなった。
実際の名前を使えなかったのは分かります(スポンサー料も掛かりますし)
ですが………どうしてこうなった(2回目)。

多分元ネタはこんな感じでしょうか?

いのうえ→いにょうえ
かわい→きゃわい
かげやま→かげやみゃ


まるで猫キャラのネーミングのようですが、見ての通り、ややリアル寄りの筆致なので違和感が(笑)
ですが肝心のゲームはその見た目に反して意外に(?)本格派。
サーブはもちろん、フェイントやクイックなどの攻撃面も様々に使い分けられます。
2人での対戦プレイがオススメです!

今と違って、『最終セット以外はサイドアウト制(※)』となりますので、ご注意ください。
※サーブ権がある時にラリーに勝つと得点となる。レシーブ側が勝つとサーブ権が移動する。

いずれも今となっては貴重なゲームですので、是非プレイしてみてください!
今回はこのあたりで!

カテゴリ: 【JUNのレトロゲーム譚】

[edit]

Posted on 2017/11/09 Thu. 18:21    TB: 0    CM: 0

第二十幕 アーケード基板よもやま話① 

今回は少しマシン的なお話を。
※例によって、完全に独学およびネットで調べたものなので、正確でない場合がございます。予めご了承ください。


最近のアーケードゲームは『専用筐体』といって、該当のゲーム専用のマシンになっていますが、
※ビートストリーム→ノスタルジアなど、後からコンバージョンできるようになる例外もあり
それに対し、昔のレトロゲームは『汎用筐体』と呼ばれるマシン(こういうやつ↓)に、

1490146934477.jpg

マザーとROMと呼ばれる『基板』を接続して稼動させています。
アクスが所有している主な種類を上げていくと

<JAMMA基板>

1509708907290.jpg

『基板』と聞いて、多くの方がまず思い浮かべるのがこの形でしょうか?
正確にはこれにさらにマザーが乗っかっていたり、ROM交換が出来たりと、
各メーカーや時期によって千差万別なのですが、とりあえずここでは一括りにしておきます。

代表作:多数。アーケード黎明期から最近まで幅広く使用されています。

<MVS>

1500978354896.jpg

1500978362896.jpg

昔のファミコンなどに代表されるROMカセットをマザーに差し込んで起動するタイプです。
代表作:キング・オブ・ファイターズなどSNK系格闘ゲーム
これをそのまま家庭用にしたのがネオジオです。

70.jpg

ゲームセンターのクオリティをそのまま家庭用で楽しめる、という
発売当時は画期的なマシンでしたが、
当初の販売価格は何と58,000円! (ソフトは30,000円前後)

こんなのヘビーなマニアか、よほどのお金持ちしか買えないよ……と言いつつ、
僕の中学時代の友人はこれに加え、後継機のネオジオCDまで持っていたりする。
今、思い返すと、
自室の大きな本棚1つが新声社のSNK系アンソロジー漫画で埋まっていたの
お金持ち+マニアの両方だったのかも……?


ネオジオCDなども合わせると、実に1990年から2004年まで14年間もソフトをリリースし続けた、
化物じみた記録を持つゲーム機でもあります。

<NAOMI>

1500959317865.jpg
1500959328813.jpg

1998年にセガが開発した基板で
正式名称『New Arcade Operation Machine Idea』の頭文字をとったものらしいです。
当時、人気だったスーパーモデルのナオミ・キ●ンベルに肖った、という説もありますが果たして…?

後にドライヴを接続し、CD-ROM(GD-ROM)ソフトも対応できるようになりました。

1500959075303.jpg
GD-ROMドライヴ(壊れやすくて大変!)
1500978420617.jpg
GD-ROMとセキュリティチップ(この2つがセットでないと起動しません)

代表作:ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド、バーチャファイターシリーズ、バーチャロンシリーズなど
中身は当時のセガということでドリームキャストのものを流用し、移植も比較的しやすかったとか!?

ダウンロード


思ったより長くなってしまったので、続きはまた次の機会に書かせて頂きます。
今回はこのあたりで!

カテゴリ: 【JUNのレトロゲーム譚】

[edit]

Posted on 2017/11/03 Fri. 21:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム