FC2ブログ

【都立大駅前】アミューズメントフィールドAXのちょっと面白い(?)ブログ

当店は2018年11月4日に閉店致しました。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

第二十幕 アーケード基板よもやま話① 

今回は少しマシン的なお話を。
※例によって、完全に独学およびネットで調べたものなので、正確でない場合がございます。予めご了承ください。


最近のアーケードゲームは『専用筐体』といって、該当のゲーム専用のマシンになっていますが、
※ビートストリーム→ノスタルジアなど、後からコンバージョンできるようになる例外もあり
それに対し、昔のレトロゲームは『汎用筐体』と呼ばれるマシン(こういうやつ↓)に、

1490146934477.jpg

マザーとROMと呼ばれる『基板』を接続して稼動させています。
アクスが所有している主な種類を上げていくと

<JAMMA基板>

1509708907290.jpg

『基板』と聞いて、多くの方がまず思い浮かべるのがこの形でしょうか?
正確にはこれにさらにマザーが乗っかっていたり、ROM交換が出来たりと、
各メーカーや時期によって千差万別なのですが、とりあえずここでは一括りにしておきます。

代表作:多数。アーケード黎明期から最近まで幅広く使用されています。

<MVS>

1500978354896.jpg

1500978362896.jpg

昔のファミコンなどに代表されるROMカセットをマザーに差し込んで起動するタイプです。
代表作:キング・オブ・ファイターズなどSNK系格闘ゲーム
これをそのまま家庭用にしたのがネオジオです。

70.jpg

ゲームセンターのクオリティをそのまま家庭用で楽しめる、という
発売当時は画期的なマシンでしたが、
当初の販売価格は何と58,000円! (ソフトは30,000円前後)

こんなのヘビーなマニアか、よほどのお金持ちしか買えないよ……と言いつつ、
僕の中学時代の友人はこれに加え、後継機のネオジオCDまで持っていたりする。
今、思い返すと、
自室の大きな本棚1つが新声社のSNK系アンソロジー漫画で埋まっていたの
お金持ち+マニアの両方だったのかも……?


ネオジオCDなども合わせると、実に1990年から2004年まで14年間もソフトをリリースし続けた、
化物じみた記録を持つゲーム機でもあります。

<NAOMI>

1500959317865.jpg
1500959328813.jpg

1998年にセガが開発した基板で
正式名称『New Arcade Operation Machine Idea』の頭文字をとったものらしいです。
当時、人気だったスーパーモデルのナオミ・キ●ンベルに肖った、という説もありますが果たして…?

後にドライヴを接続し、CD-ROM(GD-ROM)ソフトも対応できるようになりました。

1500959075303.jpg
GD-ROMドライヴ(壊れやすくて大変!)
1500978420617.jpg
GD-ROMとセキュリティチップ(この2つがセットでないと起動しません)

代表作:ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド、バーチャファイターシリーズ、バーチャロンシリーズなど
中身は当時のセガということでドリームキャストのものを流用し、移植も比較的しやすかったとか!?

ダウンロード


思ったより長くなってしまったので、続きはまた次の機会に書かせて頂きます。
今回はこのあたりで!

スポンサーサイト

カテゴリ: 【JUNのレトロゲーム譚】

[edit]

Posted on 2017/11/03 Fri. 21:00    TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameamax.blog.fc2.com/tb.php/184-f9542989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム