FC2ブログ

【都立大駅前】アミューズメントフィールドAXのちょっと面白い(?)ブログ

当店は2018年11月4日に閉店致しました。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

ゲームセンターはナゼ姿を減らしていったのか?その① 

こんにちはスタッフDoです。
※今回のブログはあくまでDoの主観で書いてある事をご理解ください。

商売(仕事)として1つの区切りが約50年と言われています。
50年経つと時代が変わり必要とされていた店が不必要になったりして
昔はどこにでもあった商売が無くなっていきます。
※最近では本屋、八百屋、魚屋、肉屋、米屋、酒屋など専門店を見かけ難くなりましたね
残念ながら、ゲームセンターも時代の煽りを受けAXも11月4日を持ちまして閉店が決まりました。


Doの学生時代からみるとゲームセンターは5分の1ぐらいに減ったと感じます。
どの駅で降りても小さなゲームセンターが1軒ぐらいはあったものです。
ちなみにDoが10代の頃、頻繁に通っていた店は全部無く
たまに、行っていた繁華街の大型店が僅かに残っている程度です。


Doが通っていた店の多くは①家賃(物価)上昇、②時代、③課金についていけず
閉店する店が大半でした。


①家賃(物価)上昇
pose_atama_kakaeru_man_money.png

ゲームセンターは都内23区だと基本的に駅近か繁華街に店があるので
家賃はやはり高額だと推測されます。
時代の流れで物価の上昇は仕方ないのですが
ゲームセンターの1回のプレイ料金は私が学生の頃から変わっていません。
プレイ料金が変わらないけど物価は上昇
これが意味する事は利益の減少と言えるでしょう。


②時代
正確には時代に流された・・・なのかもしれません。
【1】
nenkin_techou_man.png

昔のゲームセンターは家持、土地持ち、年金暮らしのお年寄りが
開いているゲームセンターが沢山ありました。
その時代はレンタル基板屋と言われる商売が存在し
ゲームセンターが基板を購入しないで新作を自分の店舗に設置できました。
年金暮らしのお年寄りは店番・・・
何か故障しても店舗側は直せず基板屋が直していた時代もあります。
ちなみに、基板屋は売上の○%をレンタル代として貰う訳です。
場所と営業は店舗、メンテと基板の交換は基板屋
簡単に言うとこんな図式でした。

【2】
money_zeikin.png

年金暮らしのお年寄りと言うフレーズが上に書いてありますが
そのお年寄りがお亡くなりになると、このようなパターンも出てきます。
(1)相続税が払えず家や土地を売却→ゲームセンター閉店
これは仕方ないと思います。
(2)税金は問題なかったが息子がゲームセンターを継ぐよりテナント商売をはじめるから・→ゲームセンター閉店
ゲームセンターを継続するより、他の商売の方がより多くの収入が得られる場合です。

【3】
omocha_game.png

家庭用ゲームの台頭も時代の流れかと思います。
昔のゲームセンターのゲームは家庭では味わえない最新技術が使われていた為
ゲームセンターに行っていたのだと思います。
1つの分岐点は家庭用ゲームハード機
セ○・サ○ーンやプ○イ・ス○ーションなどの家庭用が出てきて
ゲームセンターのクオリティーを家で遊べるようになったのが分岐点だったのかもしれません。
近年だとソシャゲでしょうね・・・

【4】
building_pachinko.png

パチンコ屋の上のゲームセンターの減少
スーパーストリートファイターⅡXの時代から少し経つと技術介入全盛のパチスロ時代に入ります。
3号機の集中が廃止され4号機のリプレイ外しの時代に名機クランキーコンドルがホールに登場し
モーニング(朝一にボーナスが揃う状態で開店)狙いなどもありスロット人気が高くなりました。
また、パチンコは今ではあたり前の確率変動機CR機の登場でパチンコも人気が高くなりました。
人気があるスロット・パチンコの床延べ面積を広げるために
1階スロット・パチンコ、2階ゲームセンターが2階もスロット・パチンコになり
ゲームセンターの減少が行なわれました。



意外と長くなってしまったので、次回 ③課金から続きを書きたいと思います。
スポンサーサイト

カテゴリ: 【その他】

[edit]

Posted on 2018/10/08 Mon. 03:06    TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameamax.blog.fc2.com/tb.php/266-ec776208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム